■8/10「出張lighthouse」実施のお知らせ 

 

8/10(月・祝)に、千葉県・幕張の「本屋lighthouse」が当店に”出張”してきます。

 

「本屋lighthouse」は、店主の関口竜平さんが、自分で一から作り上げた〈小屋〉の本屋。人文・社会系書籍を中心に扱い、主に週末を中心に営業しています。〈小屋〉なのでエアコンがなく、真夏の日中はかなりヤバいので、大船に”避暑”に来ませんか?とオファーしたところ、快諾を頂きました。

 

当日は「本屋lighthouse」ならではの選書で、普段当店にはない本を、平台ひとつ分の特設台を設けて販売します。

※お会計は、当店の本と共通で当店のレジにて行います。

 

・日時 2020年8月10日(月・祝)10:30~17:00 ※店自体は18時まで営業。関口さんは当店の慣例による「シエスタ」の時間以外は在店の予定です。

 

関口さんご自身に「本屋lighthouse」を紹介して頂きました。

 

タクシーのおっちゃんがハト小屋と思ってた小屋。

縦に3歩、横に5歩で制覇できる小屋。

夏は暑く、冬は寒い小屋。

台風で屋根が飛ぶ小屋(過去の実績あり)。

This is 本屋lighthouse made by 店主。

(注 中身はガチな本屋です。週2日しか開いてないけど)

 

本屋lighthouse

https://books-lighthouse.wixsite.com/shortstop

 

「本屋lighthouse」と店主・関口さんについては、この記事を読むと雰囲気がよく伝わってきます。

■本屋は生きている ― 好書好日

https://book.asahi.com/article/13317929

 

関口さんはインデペンデント誌『灯台より』の編集・発行など「本屋」にとどまらない活動をしていて、出版業界全体を見渡した情報発信も積極的に行っています。

 

■灯台より 特別号「怒りの火を、希望の灯へ」

https://porvenirbookstore.stores.jp/items/5ee726da561e177b0a47d437

 

●お願い

コロナ禍は続いていますので、感染防止対策を取りながら実施します。

入口でのアルコール消毒液の使用

・37.5度以上の熱のある方、体調不良の方は参加を見合わせる

など、お客様のご協力もお願いいたします。

また、「密」な状態にならないよう、一度に入れるお客様の数は原則6名までとし、それ以上になるときは外でお待ち頂く場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

●注 今後のコロナ禍の状況によっては、開催を見合わせることもあり得ます。その場合は、当店のWebサイト、ツイッターにてお知らせいたします。

 

●お問合せ ポルベニールブックストア TEL:0467-40-5102 E-mail:porvenirbookstore アット gmail.com (アットはアットマーク)