■9/9~10/10(※期間延長) 山本高樹『旅は旨くて、時々苦い』ラオス写真展、フェア、および 9/17&10/8著者在店、トークイベント開催のお知らせ

 

著述家・編集者・写真家の山高樹さん『旅は旨くて、時々苦い』 (わたしの旅ブックス/産業編集センター)が9/9に発売になるのを記念して、ラオスの写真展、アジアを中心とした世界の食文化フェア、山本さんのトークイベントを開催します。

 

『旅は旨くて、時々苦い』は、30年以上にわたって世界を旅してきた山本さんが、各国で出会った「食」を切り口に、旅の日々を綴った紀行短編集です。中国、ロシア、ドイツ、メキシコ、トルコ、アメリカ、インド……味の記憶とともによみがえる旅の場面を、旅情豊かな文章で紡ぎます。昨年『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』(雷鳥社)で第6回斎藤茂太賞を受賞後、最初の作品となります。

 

山本高樹さんの写真展とトークイベントは、昨年6~7月に『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』で開催してたいへん好評だったため、2回目となります。前回は、山本さんのライフワークと言える、インド北部のラダックやザンスカール地域がテーマでしたが、今回はアジアをメインに、山本さんが訪れた世界の様々な国や地域全域が対象です。

 

新刊の発売に合わせて写真展とフェアを実施することで、山本さんが見てきた世界を、より深く、解像度を上げて理解できるのではないかと思います。コロナ禍で海外への旅が困難な今、山本さんの写真と言葉から、世界の様々な土地で人が「生きること」に想いを馳せ、世界の広さと豊かさを感じて頂けたら嬉しいです。

《9/9発売新刊『旅は旨くて、時々苦い』(産業編集センター)

https://porvenirbookstore.stores.jp/items/632c0acd4ba8b432b2ce56a8

 

山本高『旅は旨くて、時々苦い』ラオス写展、フェア、著者在店、およびトークイベント

 

●ラオス写真展(9/9~10/10 ※10/3までの予定を1週間延長) 

山本高樹さん撮影のラオスの写真の中から、厳選しパネルにして展示いたします。今回の本『旅は旨くて、時々苦い』に掲載の写真も含まれます。

・期間 2022年9月9日(金)~10月10(月)※10/3の予定を1週間延長 会期中休日あり(火曜定休、水曜不定休)。

・場所 ポルベニールブックストア

・協力 産業編集センター

 

アジアを中心とした世界の食文化フェア(9/9~10/10 ※10/3までの予定を1週間延長

人は生きる限り毎日食べ続けるので、食は人の営みそのもの。世界どこでもその土地ならではの食べ物があり、食文化があります。写真展に合わせて、アジアを中心とした世界の食文化フェアを開催します。 

※当初、テーマを「アジアの旅と地域文化」としていましたが、より本の内容に近いテーマに変更しました。

 山本さんのご著書の購入で、ラオスの写真による特製ポストカード2種類をお付けします。(→終了しました)

・9/9発売『旅は旨くて、時々苦い』(産業編集センター)

https://porvenirbookstore.stores.jp/items/632c0acd4ba8b432b2ce56a8

 旅は旨くて、時々苦い』以外も含めた山本高樹さんの著書も全て揃えます。『旅は旨くて、時々苦い』以外の山本高樹さんの著書全部および食文化フェアの本のご購入で、山本さん撮影のラダック・ザンスカール地域のポストカードを2枚セットで差し上げます(→終了しました)

山本高樹さん著書

・『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』(雷鳥社)※著者提供小冊子『夏の旅 ラダック、東の高地へ』(16P)付き

https://porvenirbookstore.stores.jp/items/5ea93d2e55fa0343321da8a3

・『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した年間』(産業編集センター)

https://porvenirbookstore.stores.jp/items/60c30632933e9b54ea664874 

・『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々(新装版)』(雷鳥社) 

https://porvenirbookstore.stores.jp/items/5eb4bc4d34ef014f282a5ce9

・『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット 増補改訂版』(地球の歩き方) 

https://porvenirbookstore.stores.jp/items/60cabfea91260a3d218191a6

《山本さんがラオスで撮影したポストカード2種類》

『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』(雷鳥社)※第6回「斎藤茂太賞」受賞

●9/17(土)午後、山本高樹さんご在店

9/17(土)15:00~17:30の間、著者の山本高樹さんが在店の予定です。ぜひ山本さんとお話してください。著書をご購入(持参も可)頂ければ、サインもいたします。

●【追加】10/8(土)午後も、山本高樹さんご在店

フェアの1週間延長に伴い、10/8(土)15:00~17:30にも、著者の山本高樹さんが在店いたします。

 

※注 コロナ禍の状況次第では中止の場合もございます。予めご了承ください。

 

●9/17(土)夜、山本高樹さんトークイベント(会場&オンライン配信)※対談相手が変更になりました 

 

《旅の記憶と舌の記憶――変化と深化》

9/17(土)の夜、山本さんのトークイベントを実施します(会場&オンライン配信)。『旅は旨くて、時々苦い』にに登場する話を深堀りし、本には掲載されなかったエピソードまで、たっぷりお話して貰います。かつて巡った土地と食べ物についての記憶は、時を経て思い起こすとどう変わるのか、あるいは深まるのか――旅先で印象に残った土地の写真も見せて貰います。

山本さんは、7月上旬から8月下旬まで、3年ぶりにライフワークとしているインド北部のラダックやザンスカール、スピティの現地取材を行って来ました。その中からスピティについての最新情報も少しお話して貰います。

 

《対談相手が変更になりました》

当初、山本さんとの対談相手は事情により当店の店主が務める予定でいましたが、地元の鎌倉に適任の方がいらっしゃったので、その方にお願いすることに変更します旅にまつわるさまざまな仕事を手がける夫婦ユニット「旅音(たびおと)」の林澄里さん。これまでに40カ国以上を訪問し、旅のことをまとめた著書もあり、最近は親子での旅に出掛けその様子をWEBや雑誌に綴っています。店主は旅好きとは言ってもここ10数年海外に行っていない「もと」バックパッカーなので、現役の「旅人」であり旅経験が豊富な林さんにバトンタッチします(少しだけ店主も登場の予定です)。

 

・日時:2022年9月17日(土)19:00~20:40 ※通常営業は17:30終了

・場所 ポルベニールブックストア(会場参加&オンライン配信)

・出演 山本高樹さん(『旅は旨くて、時々苦い』ほか著者)

    聞き手:林澄里さん旅音

    ※当初、対談相手は別の方がご出演の予定でした。経緯はこちら

※内容は予定につき、変更になる場合もございます。

●お申込み方法 

①会場参加、②オンライン視聴で、それぞれお申込み先が分かれます。

 ※参加費は、会場・オンラインとも1600円(税込)です。

①   会場参加の場合(開場18:40、定員12名、定員になり次第締め切ります)

お名前、メールアドレスをご明記のうえ、タイトルを「9/17トークイベント会場参加申込」として、メールにて porvenirbookstore アット gmail.com (アットはアットマーク) あてにお申込み下さい。店頭でも承ります。定員になりしだい締切ります。参加費は当日会場にてお支払い下さい。

※お申込みは、ご本人1名様のみとさせて頂きます。ご了承ください。

②   オンライン視聴の場合(「ZOOM」のウェビナーを使用予定)

下記URLよりお申込みください。終了後2週間程度、アーカイブ視聴も可能です。 

https://porvenirbookstore.stores.jp/items/6321ad2525c9066e09240dc4

終了後2週間程度、アーカイブ視聴も可能です( 配信後はURLが変わるため、配信の翌日にアーカイブ視聴用のURLをメールでお送りします)

※注 コロナ禍の状況次第では、会場参加は中止とし、オンライン視聴のみとさせて頂く場合もございます。予めご了承ください。

 

●著者/出演者プロフィール

■山本高樹(やまもと・たかき)

 著述家・編集者・写真家。2007年から約1年半の間、インド北部の山岳地帯、ラダックとザンスカールに長期滞在して取材を敢行。以来、この地域での取材をライフワークとしながら、世界各地を飛び回る日々を送っている。本書のほか、主な著書に『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]』(雷鳥社)、『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]』(地球の歩き方)、『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』(産業編集センター)など。『冬の旅ザンスカール、最果ての谷へ』(雷鳥社)で第6回「斎藤茂太賞」を受賞。

https://ymtk.jp/ladakh/

 

 

■林澄里(はやし・すみさと)/旅音

旅にまつわるさまざまな仕事を手がける夫婦ユニット「旅音(たびおと)」で写真を担当。これまでに40カ国以上を訪問し、旅のことをまとめた著書『インドホリック』(SPACE SHOWER BOOKS)、『中南米スイッチ』(新紀元社)がある。

ロナ前までは息子と共に海外へ出かけるのが恒例行事で、親子旅は10回、計14カ国にのぼる。アーティストコレクティブ『ROOT CULTURE』メンバー。鎌倉市在住。

https://tabioto.com

●ご来場のお客様へ 感染防止対策についてのお願い

コロナ禍は続いていますので、店は

・入口と奥の2ヶ所を常時解放し、サーキュレーターを回して強制的に空気が流れるようにし、十分な換気に努める

・最小限の人数で、席はお客さん同士の距離を広く保てるように配置する

などの、感染防止対策を取ります。

・不織布以上の性能のマスク着用(性能の劣る布やウレタンのマスク等は不可)

・入口でのアルコール消毒液の使用

・平熱以上の熱のある方、体調不良の方は参加を見合わせる

など、お客様のご協力もお願いいたします。


●お問合せ

ポルベニールブックストア TEL:0467-40-5102 E-mail:porvenirbookstore アット gmail.com (アットはアットマーク)