9/10(土) 【会場&オンライン】『文にあたる』刊行記念トークイベント 牟田都子×岸本佐知子「校正と翻訳が出逢ったら」開催のお知らせ ※開場参加は満席、キャンセル待ち

 

<校正者から見た翻訳の仕事、翻訳家から見た校正の仕事

8月上旬に、校正者の牟田都子さんの単著『文にあたる』が亜紀書房より発売になります。〈本を読む仕事〉という天職に出会って10年と少し。言葉との向き合い方、仕事に取り組む意識について、牟田さんが思いのたけを綴った初めての本です。

 

本を作るにあたって校正は欠かせない仕事でありながら、黒子的役割ゆえか、これまで校正者当人の言葉でこの仕事が語られることは、あまりなかったように思えますその意味でこの『文にあたる』は、校正の仕事の最前線で仕事をしてきた人の生の言葉で語られる、待ち望まれていた本と言えるでしょう。

 

『文にあたる』発売記念の対談、ゲストは翻訳家の岸本佐知子さんです。ショーン・タン、ルシア・ベルリン、ミランダ・ジュライ...錚々たる顔ぶれの著者の翻訳をされてきた岸本さん基本は原文に忠実でありつつ、日本語読者にそのニュアンスを上手く伝えるためにどう言葉を選ぶか――日々言葉と格闘する翻訳の仕事を、長年やって来られました。

 

校正と翻訳、一見まったく別に思えるこの2つの仕事には、著者という自分ではない人が書いた言葉を読み込み、言葉が著者の意図通りに伝わるよう、言葉の背景にまで踏み込んだ知識と、並外れた想像力を駆使する仕事という共通点があるように思えます。

 

校正者から見た翻訳の仕事、翻訳家から見た校正の仕事。相違点と共通点。お二人とも相手の仕事について興味津々、聞いてみたいことがたくさんあるようです。「ことばのプロフェッショナル」のお二人の対談、どんなお話になるのでしょうか?

 

会場参加と、オンライン配信の両方で実施します。※会場参加は満席につきキャンセル待ちとなります。

〈2022年8月発行 牟田都子『文にあたる』(亜紀書房)〉

〈ショーン・タン作、岸本佐知子翻訳『いぬ』(河出書房新社)〉

《ルシア ベルリン著, 岸本佐知子訳『すべての月、すべての年 ルシア・ベルリン作品集』(講談社)》

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『文にあたる』(亜紀書房)刊行記念トークイベント 牟田都子×岸本佐知子「校正と翻訳が出逢ったら」

・日時:2022年9月10日(土)19:00~20:40 ※通常営業は17時30分終了

・場所 ポルベニールブックストア(大船駅東口)

・出演 牟田都子(『文にあたる』著者)

    ゲスト 岸本佐知子(翻訳家)

・協力 亜紀書房

●お申込み方法 ※会場参加は満席につきキャンセル待ちになります

①会場参加、②オンライン視聴で、それぞれお申込み先が分かれます。

 ※参加費は、会場、オンラインとも1600円(税込)です。

 

①   会場参加の場合(開場18:40、定員12名、定員になり次第締め切ります)

お名前、メールアドレスをご明記のうえ、タイトルを「9/10トークイベント会場参加申込」として、メールにて porvenirbookstore アット gmail.com (アットはアットマーク) あてにお申込み下さい。店頭でも承ります。定員になり次第締切ります。参加費は当日会場にてお支払い下さい。

※お申込みは、ご本人1名様のみとさせて頂きます。ご了承ください。

 

②   オンライン視聴の場合(「ZOOM」のウェビナーを使用予定)

下記URLよりお申込みください。終了後2週間程度、アーカイブ視聴も可能です。 

https://porvenirbookstore.stores.jp/items/62e308d123747f06ff03e151

 

※注 コロナ禍の状況次第では、会場参加は中止とし、オンライン視聴のみとさせて頂く場合もございます。予めご了承ください。

●出演者プロフィール

牟田 都子(むた・さとこ)

1977年、東京都生まれ。図書館員を経て出版社の校閲部に勤務。2018年より個人で書籍・雑誌の校正を行う。

これまで関わった本に『へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々』(鹿子裕文、ナナロク社/ちくま文庫)、『何度でもオールライトと歌え』(後藤正文、ミシマ社)、『ブスの自信の持ち方』(山崎ナオコーラ、誠文堂新光社)、『家族』(村井理子、亜紀書房)、『はじめての利他学』(若松英輔、NHK出版)ほか多数。

共著に『あんぱん ジャムパン クリームパン 女三人モヤモヤ日記』(亜紀書房)、『本を贈る』(三輪舎)。

■岸本 佐知子(きしもと・さちこ)

翻訳家。訳書にルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』、リディア・デイヴィス『話の終わり』、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』、ジョージ・ソーンダーズ『十二月の十日』ほか。編訳書に『変愛小説集』『楽しい夜』ほか、著書に『ひみつのしつもん』『死ぬまでに行きたい海』ほか。『ねにもつタイプ』で第二十三回講談社エッセイ賞を受賞。

 ●ご来場のお客様へ 感染防止対策についてのお願い

コロナ禍は続いていますので、店は

・入口と奥の2ヶ所を常時解放し、サーキュレーターを回して強制的に空気が流れるようにし、十分な換気に努める

・最小限の人数で、席はお客さん同士の距離を広く保てるように配置する

などの、感染防止対策を取ります。

・不織布以上の性能のマスク着用(性能の劣る布やウレタンのマスク等は不可)

・入口でのアルコール消毒液の使用

・平熱以上の熱のある方、体調不良の方は参加を見合わせる

など、お客様のご協力もお願いいたします。


●お問合せ

ポルベニールブックストア TEL:0467-40-5102 E-mail:porvenirbookstore アット gmail.com (アットはアットマーク)